ぺんろぐ

Windows、Webデザイン、ネット、ゲームなど中心とした気まぐれ更新ブログ。

USBメモリにパスワードをかける方法(Windows標準機能で)

USBメモリにパスワードかけるには、
別ソフト必須かと思われがちですが、
最近のWindowsのPro以上であれば
標準でUSBにパスワードをかける機能が搭載しています!


詳細は以下。

スポンサードリンク


●パスワード設定ができる対応OS
・Windows7 エンタープライズ、Ultimate(Pro、Homeは☓)
・Windows8 Pro以上(Homeは☓)
・Windows10 Pro以上(Homeは☓)
・Windows Sever 2008以降のサーバOS

設定後のパスワードの読み取りは、VISTAや7以降のOSなら
各Homeエディションでも使用可能のようです。

●USBメモリのパスワード設定方法 Windows10Proの場合
パスワード設定は上記OSに搭載されている機能「BitLocker」を使用。



①USBメモリをさす。


usb1.jpg
②エクスプローラを開き、USBのドライブを右クリック→BitLokerを有効にする をクリック


usb3.jpg
③「パスワードを使用してドライブのロックを解除する」にチェックして、
上と下それぞれパスワードを入力する。


usb4.jpg
④「ファイルに保存する」を選び、適当にデフォルト(たぶんマイドキュメント)のまま保存する。
(この操作を行わないと「次へ」のボタンが有効にならないため。不要なら後で削除する)
保存後、「次へ」


usb5.jpg
⑤そのまま「使用済みの領域のみ暗号化する」 で 「次へ」。
(細かいセキュリティのかけ方の違いのようです。)


usb6.jpg
⑥「暗号化の開始」をクリックすると暗号化が始まる。



usb7.jpg
⑦暗号化の処理されます。この操作は時間がかかる場合があります。



スポンサードリンク

  1. 2016/01/04(月) 00:01:12|
  2. Windows10
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad