ぺんろぐ

Windows、Webデザイン、ネット、ゲームなど中心とした気まぐれ更新ブログ。

[Windows8]ドライバの自動インストールを無効にする手順

Windows8でデフォルトの状態であると
ドライバを自動で更新してくれます。

自動で最新ドライバがインストールされるのはありがたい場合もありますが、
グラフィックカードのドライバ等の場合は、
ある日突然、不具合が発生したりと、ありがた迷惑な事もあります…。


そんなわけで、Windows8での
ドライバ自動更新を無効にする方法を紹介します。
以下手順!

スポンサードリンク


デスクトップの左下(スタートのあるところ)を右クリック
 ↓
コントロールパネル
konpane.jpg

 ↓

コントロールパネルの右上にある検索ボックスに
「デバイスのインストール」と入力
device-kousin.png
すると↑の画面のように「デバイスのインストール設定の変更」が出てきますので
それをクリックします。

 ↓

デバイスインストールの設定画面がでてきます。
device-kousin2.png
デフォルトは「はい」になっていますので、「いいえ」を選び
「WindowsUpdateからドライバソフトウェアをインストールしない」を選ぶ。

最後に保存を選ぶと完了です。


★★★★★★追記★★★★★★
この方法でも、勝手にドライバが置き換わってしまうことがありました。
以下方法の設定の方がよいかもしれません。

hata.jpg
右下の旗のマークを右クリック→「WindowsUpdateを開く」

※もし常駐アイコンがなければ、
デスクトップの左下の右クリック→システム→左下の「WindowsUpdate」など

wd1.jpg
更新プログラムの確認をクリック。


wd2.jpg
「●個の重要な更新プログラムが利用可能です。」をクリック。



wd3.jpg
グラフィックカードドライバのWDDM1.2があると思いますので、(ドライバ名長く、右の方にかいてる)

チェックを外します。

そしてドライバ名の上で右クリックし「更新プログラムの非表示」にすると、表示が消えます。

最後に右上の×で終了で、反映されるようです。

スポンサードリンク

  1. 2013/03/22(金) 23:54:10|
  2. Windows8
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad